本園は聖書の教える「自分を愛するように他者を愛する」隣人愛に根ざした人格形成を志します。

−受容される体験−
 人の生きる力となる人間相互の信頼関係に立った、愛される体験を与え
たいと願います。

−可能性をのばす機会−
 全ての人に備えられた、個性ある能力可能性をのばす機会を与えたいと
願います。

−身体と心を育てる−
 個にふさわしい体力を育み他者を理解し受容し支える心を育てたいと
願います。

−子育て支援−
 地域や利用者の子育てニーズを受け止め、それに応える子育て支援に
努めます。

◎受容される喜びを知り、自分の力を見つけていこう。
◎自分を大好きになり、人や自然を愛する子どもになろう。

保育目標

保育方針

保育理念

@子どもの持っている育つ力を信じ、子どもの心によりそった保育を行う。
A個々の子どもの特性、発達過程を把握し、適切な援助をすることによって、
  それぞれの子どもの健やかな心身の発達を保障していく。
B子どもが受容される喜びを実感できるよう、子どもとの関わりを大切にし、
  信頼関係の形成に努める。
C保護者と連携を緊密にし、共に子育てを分かち合っていく。
D遊びに子どもが主体的に関わり、遊びこむことによって自己の持てる力を
  発揮し、生きていく力の芽生えとなるよう環境を設定していく。
E地域にひらかれた子育て支援の場をつくる。